【とじとも】無課金による進め方

KOSEI-Gでは、「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」の無課金での進め方をまとめてみました。
イベントを含めてどのように進めていくか、無課金の方特にこれから「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」を始める方にオススメ致します。

リセマラをしているかどうか

まず無課金の方に共通しているのが、「リセマラ」活動を行っているかどうかです。
ここでの差は、メインメンバーに☆4キャラがいるかどうかの差になると思います。
「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」を進めるにあたっては☆4キャラの有無が非常に重要になってくるので
可能な限り、☆4キャラを入手するようにしましょう。

高難易度を進めるにあたって

「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」での高難易度コンテンツは、新しく実装された「凶禍降臨」「イベントのチャレンジ枠」「メインストーリーのハードモード」
演武大会の戦闘力「12,000以上」ほとんどがここに集約されると思います。
ここを進めるにはどうしても☆4以上のキャラクターでベースアップが4つ開放される必要があります。
しかもこの☆4キャラは少なくても2キャラは必要になってきます。
これを実現するには、無課金では非常に厳しい(時間がかかる)のが現実です。

開き直ってこうしよう!

そこでKOSEI-Gスタッフ earlymanがこう進めるべきと考えました。
ベースアップに必要なものは「開花の宝珠」になります。
これを入手するためには、大きく分けて2つ。
一つは「召集ガチャでキャラがダブることで虹または金」の入手をする。
もう一つは「イベントで開花の宝珠(金)を入手する」
この2点となります。
イベントでは、☆3ユニットがもらえてかつ対象キャラ専用の「開花の宝珠」を使用することで簡単にベースアップMAXにすることができます。
これだけでイベント用としては戦力になるので自分自身でチャレンジできる範囲まで実施します。
通常イベントではナイトメア1程度までは問題なく、イベント内容を周回するだけで問題なく全てのイベント報酬を回収が可能です。
このイベントで漏らさず「開花の宝珠(金)」を入手してためていきます。
☆4はベースアップするのに「開花の宝珠(金)」は9個必要なので、これを利用して強化をしていきます。
さらにイベントやデイリーのログインボーナスで「虹珠鋼」を入手して召集ガチャでさらにチャンスを広げていくのがよいです。

スケジュール感

デイリーでは、しっかりとデイリーミッションとウィークリーミッションをクリアしていくのが重要です。
続いてストーリーをノーマルモードだけでも終了する。
遠征活動を行い、きっちりと「大荒魂討伐戦」に必要な「荒魂の巣地図」を増やしていく。
ユニットの戦力の一環である「赤羽刀」を「大荒魂討伐戦」で入手しておく。
これ以上のことは行う必要はないです。

余裕があるのであれば、「定期任務」を行って蓮華をとにかくためる作業を行います。

イベント期間の場合は、デイリーミッションとウィークリーミッションを優先的に終わらせてから
とにかく周回作業を行うのがよいです。

まんべんなく育てない、必要なものだけ

好きなキャラクターに愛情を注ぎたいものですが、なんでもかんでもLVを上げてしまうということをしてしまいがちです。
これをしてしまうと、蓮華や鈴といった「覚醒」や「LV80」に一気に上げる障害になってしまうので注意しましょう。
LV上げに関してもちまちま上げるのは、デイリーミッション用としてそれ以外は一気に「LV80」に上げるクセをつけてしまいましょう。
優先度としては「LV80」「ベースアップ」「必殺技アップ」「覚醒」の順がよいと思います。
「ベースアップ」に関しては先に1キャラでもMAXにしたほうがよいので、まんべんなくベースアップは避けましょう。

属性の偏りに注意しよう

これは運要素になってしまいますが、属性には気をつけましょう。
自分の☆4キャラユニットが全て斬属性で3枚といった場合は、極力避けましょう。
「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」では、属性影響は大きいので、可能な限り別属性で1キャラずつ用意するほうがよいです。
バランス補填としてイベントキャラ☆3がいるので、その部分は意識するとよいです。

上の画像では、イベントで入手したキャラが成長しきっているのがわかると思います。
☆3でもそれなりの戦力になるのと、LVMAXでベースアップMAXは無課金でも敷居が低いのが魅力。
ただし、高難易度には対応できないのでそこは諦めて☆4ベースアップのために存在するという認識でいきましょう。

kosei-earlyman has written 885 articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>