アンルシア アリーナデッキ -光と闇の異聞録

「光と闇の異聞録」がスタートし、様々なデッキが登場しています。
今回は、当初評価がイマイチであった、ヒーロー「アンルシア」が見直されていることもあり
そのきっかけとなった「アンルシア アリーナ」デッキに関してです。

【特徴】
本デッキの特徴は、ヒーロー「アンルシア」のスキルを使用しながら、相手に打点を加えていくデッキとなっています。
相手への打点の与え方としては次のパターンがあります。

1.「さそりばち」「ゲルダ」「イエティ」での打点
2.「ブライ」を活用した武器による直接攻撃やユニットへの攻撃力上昇
3.「ダークドレアム」による盤面返しによる、攻撃

「光と闇の異聞録」がスタートしてから多いのは「におうだち」ユニットの台頭です。
ピサロ(魔勇者アンルシア)では、「ソードイド」「ストーンビースト」
テリーでは、「ヘルビースト」といった障壁が出てくるのですが、アリーナ(マルティナ)の場合、武術カード「飛びげり」があるため、「におうだち」を防ぐ手段があります。
これを活用して打点を挙げていくことが多く見られます。

【デッキのポイント】
このデッキは冒険者ユニットが非常にキーとなってきます。
序盤から中盤にかけて冒険者ユニットが用意できないという状況が発生してしまうとゲームにならないので
マリガンでは冒険者ユニットにキープがマストになります。
また、早い段階でレベル3まであげて「ホワイトビート」を活用して「アンルシア」のスキルを回転させて、ユニットの生存とデッキ回しを心がけることで
勝率が高くなってきます。

【序盤】
マリガンでキープした冒険者カードを早めに切ることが大切です。
冒険者カードがない場合は、「スマイルロック」によるテンションアップや「シーゴーレム」などで時を待つ必要があります。

【中盤以降】
「アンルシア」のヒーローLV3にすることで「勇者の盾」を特に上手く活用します。
被ダメージが-2になるので、自ユニットの生存率が高くなります。
相手の盤面を整理することでカウンター攻撃の準備や状況によっては「ダークドレアム」による勝利プランを考えていきます。
「イエティ」などはヘイトを集めやすいユニットなので、使用するタイミングとしては「クリフト」や「勇者の盾」を使い、とられにくくする必要があります。
ピサロ(魔勇者アンルシア)の場合、7ターン目には「ヘルバオム」の登場率が高いので、警戒や盤面づくりが大切です。

earlymanの方で本デッキに変化を加えたものも作成しています。

こちらでは、先程のと戦術としては変わりはないですが、パンチ力を強化しているものとなります。
「はやてのリング」を活用し、「ゲルダ」や「ダークドレアム」で高ダメージを与えるパターンや
「ブライ」と「ちからの指輪」「ストロングアニマル」により「ブライ」を下げて再度登場させ、「はやぶさのツメ」でOTKを狙う内容になっています。

戦い方としては熟考するデッキが「アンルシア アリーナ」の特徴なので、考えることが好きな方にはオススメです。

kosei-earlyman has written 885 articles

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA


You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>